「マインドの上手な使い方」。コーチングの理論の中で語られている事をわかりやすい言葉で言うのなら、この言葉に置き換える事ができると言えます。この時の「マインド」という言葉が表しているものは、脳と心の事。ですのでそれで上の言葉を言い換えると、「脳と心の上手な使い方」がコーチングの理論の中で語られていることだと言えます。誤解を恐れずにもっとわかりやすい言葉で例えるのなら、「脳と心の取扱説明書兼攻略書」というところでしょうか。

私たちの誰もが、脳と心を使って今自分が生きている現実を認識し、何かを考え、何かの行動を起こしています。私が今こうやって記事の文章を書いているのもあなたが今この文章を読んでいるのも、脳と心があるから行えていること。ただ脳と心を使ってあらゆることを行なってはいるものの、一人一人が抱いている「脳」「心」というものへのイメージは、とてもあやふやで捉えどころがないものだと思います。だからこそ多くの場合、経験的かつ偶然的に体得してきたやり方でしかそれらを使えていないことがほとんどです。

当たり前ですが、何かの対象を扱おうという時、その対象の性質や背後にあるルールを全く知らないよりもある程度知っておいた方が、よりうまくその対象を扱いやすくなります。例えばスマホを扱おうとする時、スマホの中でできる事や付随する様々な知識を理解しておいた方が、よりスマホを使いこなせるはずですし、例えば誰かとコミュニケーションを取ろうとする時も、その相手の気質や性格を理解しておいた方がより効果的なコミュニケーションを取れるはずです。

コーチングの理論を学び、実践してみる事の利点の一つはそこにあると言えます。コーチングを学ぶ事で、捉えどころがなかった脳と心というものをより明確なものとして認識し、理解し、使えていける様になる。そしてその結果として自分にとっての現実もより良いものにしていきやすくなる。自分にとっての現実というのは、自分の脳と心を使って物事を認識した結果としてあるものだからです。コーチングの理論を学び実践するという事は、自分の脳と心について理解を深め、その知識を自分の日常に活用していき自分が望む方向へ現実を変えていく事。そう考えてみてもらうと、コーチングを学び実践する事がどういう事か、よりイメージしやすくなるはずです。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Email this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です