「これを達成したらすごく嬉しいだろうな」「こんな自分だったら最高」と心から思える『ゴール』を設定し、そしてそのゴールが現実になった瞬間を心のイメージの中でどんどんリアルに、鮮明にしていく。コーチングの理論を自分の日常に取り入れていく時に、まず最初にやっていくことです。そしてそのゴールのイメージの鮮明さが増し心の中を占める割合が大きくなってくると、今現在の日常の中でも少しずつ変化が感じられる様になってきます。例えばこれまで気付きもしなかった自分の行動や考え方の癖が見えてきたり、周囲の人と接する時にこれまでとは微妙に違う感覚を抱いたり。そういったこれまでになかった『気付き』の様なものがポツポツと現れはじめる。

その一つ一つの気付きはとても小さなものかもしれませんが、その気付きを意識して見つけていくことは意外と大切なことです。例え小さなものであったとしても、実はそれは自分が変化しているという何よりの証拠になるものだから。そしてそれがあることで自分は変わっていっているんだという感覚が強まり、その感覚の強まりが変化の加速度を上げる様に働いていきます。さらに言うと、一つの小さな気付きから「ということはこれはこうで、じゃああれはああいうことかも…」と、さらに新しい気付きが芋づる式に出てくるなんてこともある。自分を取り巻く何かを変えようとして新しいことを始めた時、劇的なスピードで一気に変わることを想像しがちですが、そうはならないことも往々にしてあるものです。ですがその足元では小さくても変化は着実に起きているのです。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Email this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です