以前の私もそうだったのですが、吃音を持つ人にとって「吃音を変えたい」という気持ちはとても大きなものだと思います。そう感じる理由は人によって細かく違ってくるでしょうが、仕事や人間関係といった様々な状況で「うまく言葉を発することができない」と思ってしまうが故に、思う通りにできない苛立ちを感じていることは共通していることだと思います。

私自身も「でも言えないしな…」と思って、自分の発言や行動を抑えてしまったことはたくさんあります。そしてそうしてしまう自分自身がとても悔しかったし、歯痒くてしょうがなかった。自分に対してイライラを募らせ続けていました。だからどうすれば吃音を変えることができるのかとずっと考えていたし、私の中でとても大きな目的になっていました。ただ様々なことを学び経験してきた今だからこそ言えることなのですが、吃音を変えること『そのもの』を大きな目的にしていると、吃音を変えたいという気持ちは達成されにくくなってしまうことも多いのです。

言葉を発することはもうできている

吃音の表面的な特徴は、スムーズに言葉を発することができないというもの。だからそれを変えることを目的とした時は、自然と「スムーズに言葉を発することができるようにならないと」という風に考えてしまいがちです。言葉を発するという行為『そのもの』を変えていこうとする。もしかしたらこの文章をここまで読んでいるあなたも同じようなことを考えたことがあるかもしれません。私自身吃音で悩んでいた時はそうすることばかり考えていました。

ただ誤解を恐れずにあえて言うのなら、吃音を持つ人でもスムーズに言葉を喋ることはできるのです。例えば独り言ではスムーズに喋れるという人がほとんどですし、苦手だと思っている言葉だとしてもスムーズに喋れることもあるし、雑談はダメだけど人前になるとスムーズに喋れるという人もいる。どんな状況でも100%スムーズに発話できないというわけじゃなく、スムーズに喋れる時もあればスムーズに喋れない時もある。だから言葉を発すること『そのもの』へアプローチし続けたとしても、あまり吃音は変わらないことが多いのです。スムーズに言葉を発すること『そのもの』はもうできているからです。

認識は無意識で行われている

じゃあどこを変えていくことが大切になるのか。これは様々な考え方があるとは思いますが、コーチングの観点から言うのなら自分の『認識』を変えることだと言えます。今自分の目の前に広がっている状況が自分にとって「どういう意味を持つ状況であるか」ということの認識の仕方を変えていくということです。上で書いたように、同じ人でもスムーズに発することができる時もあればできない時もありますし、そしてそれはどんな状況かによっても変わってきます。

それはどう考えることができるかというと、「今自分はどこにいるのか」「今自分は何をしようとしているのか」「今自分の体調はどんな状態か」「今自分は誰に対して話しているのか」「今自分はどのような言葉を発するのか」「今自分の中にどんな感情が生じているか」といった、五感で知覚した今現在の自分を取り巻く無数の要素と過去の記憶とを照合し、目の前の状況が自分にとってどういう状況なのかと認識した結果、その結果があるラインを超えるようであればつまりやすくなりラインを超えないようであればスムーズに話しやすくする、ということを脳や心の中で一瞬でやっていると考えることができます。

そしてその認識の元となる一つ一つの要素を測る過去の記憶の重み付けや、ラインとなる基準は、常に動的に揺らぎ変わり続けているもの。だから同じような状況でもスムーズに発することができる時もあればできない時もあったりと、どこか捉えどころのないものになってしまいます。さらに言うと上の基準は人によっても大きく変わってくるので、「自分はあ行が苦手で…」「私はあ行はそうでもないですけど、た行がどうにも…」なんてことが起こってきます。

『認識』の結果として「あ、言えない」と思うこともあれば、抵抗感なくスムーズに言えることもある。だからこそ『認識』を変えていくことがとても重要になると言えるのですが、吃音を変えることそのものを目的にした場合、そういった発想にはなかなかなりにくい。目に見える吃音の症状は発話がうまくできないことであり、だからこそ発話そのものをどうにかしようと考えがちだからです。さらに言うと認識とはほとんど無意識で行われているものなので、そのこと自体に気付いていない場合がほとんどだと言えます。実際、私自身吃音で悩んでいた頃は上のようなことは露ほどにも考えていませんでした。

認識を変えるニーズを生みだす

ではその『認識』を変えるために目的はどこに置くのか。コーチングの観点から言うのなら「こんな自分であれば、コミュニケーションを楽しみつつ様々な方面で充実感を感じながら生きているだろうな」というような、こうなりたいと迷いなく思える自分自身の姿です。その自分自身へと成長し、その自分であれば達成していることを成し遂げることを目的にして、日々思考し何らかの行動を起こしていく。コーチングの言葉で言うのなら『ゴール』を基準に日々物事を考え行動していくということです。

その自分自身がどんな自分であるかをリアルにイメージすればするほど、今の自分とは全く違う認識をしていることが観えてくるはずです。そこから言えることは、今現在の自分の認識の仕方を変えるからこそその自分へと成長していけるということ。だからこそその自分へと変わっていこうとすることで、今の自分の『認識』を変えようとするニーズが生まれてくるのです。そして実際にその自分へと成長していくことで認識も変わり、結果として吃音にとらわれることもなくなっていきます。シンプルに言うと「吃音を変えたから、理想の自分になることができた」ではなく、「理想の自分へと成長していったから、吃音も変えられた」ということです。

「こうだったら最高だよね」と迷いなく思えるような自分自身。それはどんな自分でしょうか。そしてその理想の自分はどんなことをやっていて、どんなことに喜びを感じ、どんなことに熱意を向け、どのように人と関わり、どのように日々を過ごしているか。その理想の自分を明確にし、その自分へと成長するために、その自分なら達成していることを実際に達成するために前に進んでいく。そうすることで吃音の存在感も確実に小さなものへと変わっていきます。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Email this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です