読み書きができない状態から、当たり前のように文字を読んだり書いたりできるようになる。はじめは乗ると倒れてばかりだった補助輪無しの自転車に、いつしか何も考えなくても乗れるようになる。子供から大人へと成長していく中で、誰もがたくさんのできないことをできるようになっていきます。今の自分が当たり前にできているあらゆるものごとは、はじめからできていたかというと、決してそうじゃない。その時の自分ではできないことに挑戦し、時には転びながらも、時には半べそかきながらも、時には何時間も試行錯誤しながら、できるようになるまで続けてきた。

そういった子供の頃は当たり前だった何かに取り組む姿勢は、大人になるとなぜか失くしてしまいがちです。心の中では「やりたい」「楽しそう」と思ったとしても、今の自分じゃすぐできそうもないと思うと何か避けたくなってしまう。それはもしかしたら、「やりたい」と思うことを思い通りにできずにもがく自分を、周りに見られてしまうのが嫌なのかもしれない。それはもしかしたらいろんな便利なものに囲まれ様々なことが「楽ちん」になったが故に、「楽ちん」じゃないものは「めんどくさい」の一言で片付けてしまうようになったからかもしれない。

「やりたい」「なりたい」と思うけど今の自分じゃできないこと・なれないことを、自分なりに試行錯誤し続けできるようになっていくのか。それとも、「カッコ悪い」めんどくさい」と言って、できないままでそのままにしておくのか。それをどうするかはその人が置かれている環境がどうかによっても変わってきますし、その人がどんな価値観を持っているかによっても変わってきます。だからこそそれは周囲の誰かではなく、自分自身で考え決めていいこと。そこには絶対的な『正解』なんてものはありません。

目には見えない、手で触れられない。けれど変える。

コーチングでは自分の『マインドの使い方』を変えていきます。何かを感じ、思い、考え、選び、動く。そういった脳と心で生じる一連の流れをマインドの働きと捉え、未来の自分の評価基準を元にその流れに介入していく。そしてそのマインドの働きというのは、実はその人の人生にとって多大な影響を与える要因となるもの。当たり前ですが、何を考えてきたのかそしてどんな行動を起こしてきたのかということが、その人の人生がどんなものであるかを作っていくからです。

ただ、それだけ重要だと言えるマインドの働きも、多くの人にとってこれまで生きてきた中で偶然身につけてきたという場合がほとんど。それをどのように使っていくのかということを、気にしたり考えたりすることなんてほとんど無かったという場合が多いのです。そういうこともあってかいざマインドの働きを変えようと思っても、どうにも捉えどころがないと感じてしまい効果が出ているのか不安になってしまう、なんてことも多かったりします。マインドは1+1=2のようにある行動とある行動をとれば約束された何らかの結果が必ず出る、というようなものではありません。1+1が1のままであることもあれば1.3の場合もあるし、時には3になることだってある。今持っている認識のパターンの強固さ、周囲の環境、自分の意志、継続性、日々の調子、etc、、、。様々なことがマインドに何らかの影響を与える要因になりえるからです。

ただ、それでもじっとマインドの働きに意識を向け続け、こうありたいと思う自分に意識を向け続ける。今の自分の一つ一つの認識に未来の自分を元に介入し続ける。そうすると、徐々に自分のマインドの働きが手に取るようにリアルに感じられるようになってきます。これまで気付きもしなかった自分のものごとの考え方や行動の仕方の『癖』のようなものが、どんどんわかるようになっていく。そして実際にそれらを自分で変えていけるようにもなっていきます。

『本気』なら、『やる』しかない

私のコーチでもある、苫米地式認定マスターコーチの青山龍コーチがよくこんなことを言われます。こうありたいと思う『ゴール』を設定して、そのゴールへ向かう中で自分を変えていきそしてゴールへ近づけるかどうか。それはそのゴールを達成することに対して『本気かどうか』が大きく左右する。

私自身、常にこれは自問自答していることでもあります。この『本気』という言葉にはいろんな意味が含まれているのですが、その一つに例え効果や結果がすぐに出なくても納得できるまではあらゆることをとことんやり倒し続ける、ということも含まれていると思っています。『本気』だからやり続けるし、『本気』だから試行錯誤を繰り返すし、『本気』だから自分事として取り組む。そして冒頭でも書いた子供の頃の姿勢って、その『本気』に通ずるものがあるんじゃないかとも思っています。例え今はできなくてもできるまでやってみる。頭の中にはできている自分しか浮かんでいない。純粋な気持ちでそのことに取り組み続ける。

今の自分はそのことにどこまで本気なのかと考えてみると、今までとは違った何かが見えてくるかもしれません。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Email this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です