以前、人は目の前の状況の中で自分が重要だと思うものだけを見ようとする、というコーチングの中でもとても重要な考え方をテーマに記事を書いた事がありました。

自分が見ている現実、自分が抱いている特別

2017.03.31

日常の中で、人や物へ感じる感覚、感情、印象、…etc。そういった「自分の外側」にある物事に対して自分が下す何らかの評価は、気付かぬ内に形成された自分のフィルター(の様に機能している脳と心の働き)を通した結果としてあるもので、その外側の物事が一意的に評価を決めているわけじゃない。だから、日常の中での自分の感情の動きや、発しているふとした言葉、何気ない動作や行動といったものから、今自分がどんなフィルターを持っているのか、言い換えれば自分の物事の捉え方や考え方の傾向がどんな状態なのかを推し量る事ができる。

その様な内容を以前書いたのですが、その内容を踏まえて、日常の中での自分の反応をじっと観察しだすとつい陥りがちな事があります。それは、これまで気付いていなかった自分の物事の捉え方や考え方の傾向をネガティブに感じ、そこにとらわれてしまうという状態です。

例えば、「こういう風に考えるのが男らしいからいい」とか「デキる人ならこんな風に考えるよな」といった理想像と今の自分を比べ、今の自分のそれらが明らかに大きく違っている事を目の当たりにしたりといった時や、例えばこれまで目を背けてきたところに目を向けざるを得なくなったといった時です。

そういった時にどう対処すべきかは様々な考え方があると思いますが、今の自分の状態、今の自分の現在位置をしっかりと認識し受け入れる事がまずは大切です。

今の自分が持っている考え方や捉え方の傾向は、確かに良いとは思えないものかもしれない。その感覚は、その時の自分にとっては事実として感じられるものだと思います。そして一方で、その状態を変えたいとも思っているはずです。であればやる事は、その捉え方や考え方をこれから変えていくという事。

そしてこれから変えていくためには、その捉え方なり考え方に気付き、意識に上げるという事がとても重要です。気付けない状態のままでは、変えようにもなかなかそうはいかないからです。ですのでそこで気付けたという事は、言い換えればこれから変えていくための土俵に立てたという事でもある。

もちろん、変えていくためにはこれから土俵の中で様々な事を行なっていく必要はあります。ですがそのためのガイドであり、強力なトレーナー(相撲では親方でしょうか)をあなたはもう知っているはず。それがコーチングであり、その理論の中で説明されているマインドの使い方なのです。

言わずもがなですが、今この文章を書いている私自身、ゴール側の私から見れば「ちょっとここは違うな…」というところはたくさんあります。そしてまだ気付けていない差分もたくさんあるはず。そしておそらくそれは一生尽きないと思います。

ですが、その事をネガティブには捉える事はもうなくなりました。今の自分のフィルターというのは、言ってみれば今の自分の『心の使い方の癖』の様なもの。それは決して固定的ではなく、変えられるという事がわかっているからです。そして「コーチング」というそのためのツールも持っているからであり、変えていく事で自分も成長していけると知っているからです。

今の自分が持っているフィルター、物事の捉え方や考え方の傾向、RAS、心の使い方の癖。それらへ感じるネガティブな感情にとらわれなくても大丈夫。そこから目を背けるのではなくしっかりと直視した上で、これから変えていく。そうする事で着実に変化し、もっと成長していけるのです。

 

 

 

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Email this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です