自分が無意識で行なっている判断や選択。その判断や選択から導かれる行動。それらの一つ一つが、今現在の自分の自我、そして今現在の自分の周囲の環境を形作っています。だからこそ今の自分をより良い方へ変えていこうとする時、根底にある自分の無意識の働き、知らず知らずの内に身に付けてきた無意識の使い方を変えていく事がとても大切です。

そのためのやり方の一つとして、コーチングでは『言葉』を取っ掛かりにしながら自分の無意識の働きに修正を加えていきます。

誰かに対して発した何気ない言葉や、ブツブツと言っている独り言、心の中で思い浮かべている言葉…。コーチングで『セルフトーク』と呼んでいる、自分が発するあらゆる言葉を観察し修正していく。セルフトークは、今現在の自分の自我や無意識の働き・状態を如実に表すからです。

例えば、本を読むことが好きで毎日10冊ぐらい本を読む人が、「次なに読もっかな~」と考える事はあっても、「あ~、なんで俺本なんて読まないといけないんだ…」と思い浮かべるはずはありませんし、自分の事を人見知りだと思っている人は「自分は狭く深くで人付き合いする方です」と言う事はあっても、「自分、どんどん色んな人と関わっていきたいんですよね」と言う事はまずありません。

ですので、セルフトークを意識に上げじっと観察していると、今現在の自分の自我や無意識の働きがよりくっきりと立体的に観えてきます。

そして人は良くも悪くも『言葉』に強く影響されます。LINEで「…好きです」と言われれば誰もが思わずドキッとするはずですし、送られてきたメールの文面だけを見て「あ、この人なんか怒ってるかも…」と相手の感情を推し量る事もできる。

その性質を逆手に取って、普段使う『言葉』を意図的に変えていく事で自分に影響を与え、無意識の働きを修正していきます。今現在の自分ではなく、大きく成長し変わった自分自身が使っているであろう言葉を今この瞬間から使っていく。

例えば大きく変わり成長した自分が『ゆったりとした感覚で人と会話し、いつも相手をポジティブな気持ちにさせている』というイメージなのであれば、誰かと会話をしていて「やばい、会話が続かない、何か話さないと…」という言葉が心の中に思い浮かんできたとしたら、「ん、この言葉は自分らしくないな…」の様に内省し「この沈黙も楽しんで良いんだよな」の様な言葉を心の中に浮かべる、という具合です。

ここまで書いてきた事は、私が自分を変化させてきた中で強く実感してきた事でもあります。

私は以前吃音で悩んでいたのですが、例えばその頃スタバのカウンターで「ドリップコーヒー」と注文する時なんかは、「あ~、大丈夫かな、言えるかな…」と思ったり、「ドリップコーヒー、ドリップコーヒー、ドリップコーヒー…」とこれから発するであろう言葉を心の中で練習したりしていました。

その状態を変えるためにも、「私なりにゴール側の自分」のイメージを作り、そして今の自分はすでにそのイメージの自分なんだと強く感じ、その自分が考えているであろう言葉を思い浮かべる様にしていった。

そういった事をたくさん繰り返す事で、時には上手く行ったり、時には失敗したりしながら試行錯誤を重ね、無意識の働きにより深く気付き、変えていく事ができたんですね。

今は上の様な言葉が出てくる事はなく、「この店員さんはどんなブリーフシステムを持っているんだろうか」の様に大体もっと別の事を考えていて、言うタイミングになればすんなりと「ドリップコーヒーで」と言っています。

そういった経験や今現在の実感から言っても、意識を向ける対象も、感じる感情も、心の中に浮かんでいる言葉も、どの様に無意識を働かせているか、どの様な自我を持っているかで本当に大きく変わってきます。

普段、何気なく思ったり、つぶやいたりしている言葉。実はそれら言葉は、今の自分や状況を変えていくための大きなヒントにすることができます。使う『言葉』を観察しそして変えていく。そうする事で自分の変化や成長もどんどん促せていけるのです。

 

IMG_1120
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Email this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です